石油備蓄施設

施設概要

敷地 鹿児島県肝属郡東串良町及び肝付町の地先の埋立地 196ha
原油タンク シングルデッキ型屋根構造(11万kl12基、11.6万kl5基、12.1万kl26基、直径83.3m、高さ22~24m、総容量502万8千kl) 43基
シーバース 4万~30万トン級(海上約1.4km沖合) 1基
ローディングアーム 油圧遠隔操作型 口径:約0.4m(16インチ) 3基
海底配管 口径:約1m(38インチ)、長さ約1.7km 2本
陸上主配管 口径:約1.1m(42インチ) 一式
原油ポンプ 送油能力 1,750kl/時・台 4台
排水処理施設 APIオイルセパレータ、ガードベースン 他 一式
防災船 消防船、油回収船、オイルフェンス展張船、警戒船、貯油バージ 5隻
消防車 大型化学高所放水車、泡原液搬送車、甲種普通化学消防車(2台) 計4台
(全車省力化型車両)
緑地 緑地面積
築堤:高さ約20m、植栽:クロマツ 他
約48万m2(敷地の24% )
約3.6万本
基地管理棟
基地構内の並木道

志布志国家石油備蓄基地平面図

原油タンクの構造

原油タンクの基礎は、事前にタンク荷重相当の盛土を行い、また、1基あたり約2700本の密圧された砂枕を打ち込んだことによって、非常に強固なものとなっています。また、タンクの側板は鋼板を9段重ねています。一番下の段では厚さ38mmのものが使用されています。
タンクの屋根は、油面に浮いていて在槽量により上下し、側板との間はウレタンフォームで密閉されています。
また、タンクには自動火災検知器、泡消火設備等の安全設備が設置されています。