会社概要・沿革

会社概要

設立 1984年(昭和59年)9月17日
事業内容 1.石油備蓄基地に係る運転
2.石油備蓄基地に係る施設管理
3.石油備蓄基地に係る安全防災・環境保全
資本金 1億円
株主構成 東京電力フュエル&パワー株式会社  100%

沿革

1984年(昭和59年)9月 石油公団、志布志湾地区に国備基地の立地を決定
志布志石油備蓄株式会社設立(資本金100億円)
1988年(昭和63年)10月 第1期埋立工事完成
1989年(平成元年)7月 第2期埋立工事完成
1989年(平成元年)9月 志布志事業所開所式
1992年(平成4年)8月 第1工区(原油タンク20基)完成
1992年(平成4年)9月 第1工区操業開始
1993年(平成5年)12月 第2工区(原油タンク23基)完成
全面操業開始
2000年(平成12年)11月 シーバース能力増強(30万トン級タンカーの着桟可能)
2001年(平成13年)9月 ISO14001認証取得(志布志事業所)
2003年(平成15年)12月 本社事務所を横浜に移転
2004年(平成16年)1月 資本金を1億円に減資
2004年(平成16年)2月 基地施設を国、石油公団へ移管
新日本石油株式会社(現JXTGエネルギー株式会社)100%出資に変更
石油公団(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)からの志布志国家石油備蓄基地操業に係る業務受託を開始
2006年(平成18年)3月 OHSAS18001認証取得(志布志事業所)
2006年(平成18年)9月 ISO14001認証取得(志布志本社)