社長挨拶

志布志石油備蓄株式会社
代表取締役社長 眞島 俊昭

志布志石油備蓄株式会社は、独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構と連携して志布志国家石油備蓄基地の運営・管理を担っており、備蓄原油の安定的な保管および緊急時の迅速な払い出しを使命としております。

当社は2018年6月末より東京電力フュエル&パワー株式会社のグループ企業となりましたが、「安全防災と環境保全を最優先し、地域社会の一員として協調・共存に全力を尽くす」という従来の基本理念をそのまま受け継ぎ、安全確保、効率向上、機動性の維持・整備、環境の保全、地域との共生といった5つの遂行方針により事業を推進して参ります。

これからも社会や地域の皆さまにご信頼・ご安心いただけるよう、飽くなきカイゼンによって安全を損ねるムリ・ムダを排除し、同時に一人ひとりの技術力と業務生産性を向上し続けていく所存です。

引き続きの皆さまのご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。